社会保険労務士の通信選びのポイント<講義>

次に社会保険労務士の通信で最も重要な講義について紹介します。

■DVDとCD講義が付いているか?
まず講義がついている事は当たり前だとしても、重要なのはDVDとCDがついてあることです。
DVDの役割は、映像で講義が見られるので、記憶に残りやすく、具体的なイメージが沸き易くなります。
対して、CDは音声だけになるので、DVDほど学習効果は高くありませんが、
自宅以外の場所でも学習できるので、時間があまりない社会人には必要なツールになります。

■DVD講義は通信専用に撮影しているか?
DVD講義には2種類あり、教室の講義をそのまま取っている講義と通信専用に撮影した講義です。
一般的に多いのは、前者ですが、それだと天井にカメラを吊るして撮影しているだけなので、
講義を視聴しているというより、覗いている感じになり臨場感はまったくありません。
また、講師の鼻息や生徒の雑音なども入り、集中して見るのが難しくなります。
そのため、学習効果が低く、通信には向かないのです。

対して、通信専用に撮影した講義なら講師と目線が合い、臨場感と迫力が出るので、
学習効果が高くなるのです。

■ハイビジョン撮影しているDVD講義か?
ハイビジョン撮影というのは、専用スタジオでカメラマンが撮影していることで、 映像に迫力が出て、記憶効果や学習効果が高くなります。 しかし、資格通信のほとんどは、家庭用のデジカメを使い、教室で撮影しているだけで、 迫力のある映像を見る事は出来ません。

以上の3つを各通信のホームページで確認して下さい。
講義ならサンプルを見られるケースが多いので、確認しやすいと思います。
そして、確実に上記の3つに当てはまる通信を選んで下さい。

この講義がしっかりとしている通信を選ばないと、良い通信を受講することは出来ません。


>>無料でもらえる教材をゲット<<