絶対に把握したい社会保険労務士の難易度

ここまで、社会保険労務士の通信を紹介してきましたが、
出来るだけ質の高い通信を受講して下さい。
何故なら、社会保険労務士は非常に難易度が高く、簡単に合格できる試験ではないからです。

このサイトで一度お話しましたが、最終的に合格できるかできないかはあなた次第です。
通信のせいにしていれば、いつまでたっても合格することは出来ません。
しかし、そういっても、優位に学習を進めるためには良い通信は必要不可欠です。
そして、優位に学習を進められたほうが、
短期間の学習で合格できる可能性が高まる事はいうまでもありません。

それでは具体的に社会保険労務士の難易度はどうなのか、解説していきます。

まず、社会保険労務士の合格率ですが、過去5年分をピックアップすると、
平成19年 45,221人 4,801人 10.6%
平成20年 47,568人 3,574人 7.5%
平成21年 52,983人 4,019人 7.6%
平成22年 55,445人 4,790人 8.6%
平成23年 53,392人 3,855人 7.2%
のようになります。

上記をみてもわかるように、合格率は毎年ほぼ一ケタ台で、
社会保険労務士の難易度が高い事が一目瞭然です。

しかし、合格率が一桁台の国家資格は他にもまだまだあるので、別に驚く事はありません。
社会保険労務士の難易度の高さを物語るのは、
出題範囲の広さと、学習内容です。

社会保険労務士は、8つの科目があり、それぞれの科目に合格基準があります。
そのため、どの科目のきちんと学習しなければいけないので、
学習量が多くなるのです。

また、社会保険労務士の学習内容の中心は、労働基準法と年金です。
特に年金は仕組みが複雑で、法改正も頻繁にあります。

しかも、社会保険労務士は受験資格があるので、最低限の学力を持った実験者が多く、
その中での1桁台です。
他にも一桁台の国家資格がありますが、その多くは受験資格がないので、
ほとんど試験対策をしない方が沢山います。
それで1桁台と社会保険労務士の1ケタ台は意味合いが違います。
つまり、受験者のレベルが高いのです。

このように社会保険労務士は難易度が高いので、
少しでも良い通信を選ぶ必要があるのです。

NEXT⇒TOP

>>無料でもらえる教材をゲット<<