社会保険労務士の通信選びのポイント<その他>

ここでは、社会保険労務士の通信に必要なテキストや講義以外の必要なポイントを紹介します。

■質問に対応してくれているか?
質問に関しては、対応していない通信はほとんどないので、確認してなくても問題ないと思います。
ただ、電話で対応しているという通信もありますが、それは講師が電話に出て、
質問を受け付けるわけではないので、誤解しないで下さい。

■E―ランニングが付いているか?
インターネットを活用すれば効果的な学習が進められます。それがE-ライニングです。
E-ラニングを使えば、カリキュラムの管理、講義の視聴、問題を解くなどの学習が出来て、
しかもインターネットなので、ゲーム感覚で学習を進められます。
そのため、学習に飽きてきてもモチベーションを維持する事が出来ます。

■受講料は10万円以下
感覚的なことですが、受講料が10万円以上かかる通信は、
教材やサービス以外の お金が取られている可能性が高くなります。
ですので、高額だから内容が良いと言うことにはならないと覚えておいてください。

■通信講座専門校であるか?
通信選びで一番重要なのは、通信専門校であることです。
というのも、通信には通信のノウハウが、通学には通学のノウハウがあります。
そして、通学(スクール)の通信は、通学のノウハウを通信に持ってきているだけなので、
通信向きの学習にはならないのです。
現に通学の通信は、今回説明したような通信の選ぶポイントにほとんど当てはまりません。

また、教室を抱え、従業員が多数必要になるので、受講料もかなり高くなります。

ですから、通信を受講する場合は、通信専門校を選んで下さい。

ここまでが失敗しない通信選びのポイントになります。
是非、参考にして下さい。

そして次から具体的な通信を紹介していきます。

NEXT⇒フォーサイト

>>無料でもらえる教材をゲット<<